節約にもなる、シンプルなスキンケアのススメ!

洗顔は、ぬるま湯か固形石鹸

洗顔フォームには界面活性剤が配合されているものが多いです。無添加の固形石鹸は、界面活性剤が含まれていません。固形石鹸を使用することで肌へのダメージを軽減し、うるおいのある肌を手に入れることが出来ます。

また、乾燥肌の人は朝はぬるま湯のみの洗顔でも問題ありません。ただし、水だとほこりや皮脂などの汚れが落ちにくいため、ぬるま湯で洗うようにしてください。

化粧水をした後に、ワセリンを塗る

ワセリンには、肌の水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。そのため、化粧水を塗った後でワセリンを少量塗ると、乾燥しにくくなるのです。塗り過ぎるとベタベタするので、少しづつ塗って伸ばすようにしましょう。テカリが気になるときは、ティッシュで軽く抑えて拭き取るとよいです。

精製度の高いワセリンは、油焼けの心配はありません。それでも気になるという人は、夜のスキンケアのときだけワセリンを塗るとよいでしょう。

角質・黒ずみケアには重曹

角質・黒ずみケアには、通常スクラブ剤を使用します。しかし、スクラブは粒子が大きいため肌に負担がかかりやすいです。重曹は粒子が小さいため、肌への負担が少なくてすみます。重曹の種類には、大きくわけて掃除用と食品用があります。スキンケアには、食品用の重曹を使用するようにしましょう。掃除用の重曹は、粒子が大きいため肌に負担がかかります。

重曹を使った角質ケア方法は、泡立てた泡に少量の重曹を混ぜて洗顔をするものです。毎日ではなく、週に1日程度のペースで行うことが望ましいです。

品川美容外科の提訴について調べる