リンパからお肌まで!!若見え最短ルートで老けないカラダを

思っているよりカラダ硬くない?

ふと鏡や街中のウィンドウに映った自分の姿をみて、自分の老けに気づき恥ずかしくなった経験はないでしょうか。女性ならお化粧のときに鏡を毎日見ている人も多いでしょうが、顔のたるみや肌のごわつき、ぽっこりおなか、猫背など、よくよく見れば老けサインだらけでぎょっとしたという人も多いでしょう。そんな人は、まず脚を伸ばし、座った状態で前屈をしてみましょう。以前より硬くなっているようなら老けサインのひとつですから、やわらかボディを目指すといいですよ。

パーツを柔らかくして内外から若返り

年齢が上がるにつれ、体は硬くなり伸びにくくなっていきます。老けと体のパーツの硬さには相関があることを知っていますか。硬くなって弾力のなくなった筋肉は姿勢を正しく保てないようにさせますし、ゴワついた肌は乾燥して潤いをなくした状態です。血管や頭が硬くなっても老けにつながりますよね。体の柔らかい人は、自ずと血管も柔らかく動脈硬化になりにくことがわかっています。若見えの最短ルートは各パーツを柔らかくすることといえるでしょう。

やわらか体幹ですっきりボディ

アンチエイジングに最も欠かせない柔らかパーツは、体幹です。頭と手足を除いた胴体部分のことで、呼吸や姿勢に関連した筋肉が集まっているので、柔らかくすることでスッキリ姿勢と代謝をあげる呼吸ができますよ。日常生活では体の前を使うことが多いので、体幹のフロントの筋肉が縮んで固まりがちになってしまいます。そのため、深い呼吸をすることで筋肉がほぐれ正しく使えるようになるでしょう。

品川美容外科の裁判について調べる